2006年05月28日

マリノス上を向いて〜中澤選手の活躍を祈る

ナビスコ浦和戦のショックから3日間 チームはOFFをとった。

25日の練習開始には久保選手をはじめ 大宮戦で左膝を痛め 再度離脱していたマルケス選手も部分合流 腿を傷めていたドゥトラ選手も順調に回復、 坂田 平野も合流・・・と明るい材料もみられた。
苦しい時だが 本当のマリノスはこんなもんじゃない。 1試合1試合 自信を持って戦ってほしい。

また27日には前より建設中だった みなとみらい21のトレーニングセンターの一部が完成し 左伴社長をはじめ 岡田監督 選手 関係者が集まりグラウンド開きの安全祈願 厄除けを行った。 6月にはショップ 年内に全ての施設が完成する予定。 選手達は早速 新グラウンドで練習を行い 芝の感触を確かめていた。 12月には本格的な練習がここで行われる模様。

先日 狩野選手が公式戦450分出場の条件を満たし プロC契約からプロAに変更になったことが明らかになった。  負傷者続出の中 若手が奮闘、鮮やかなFKを見せる等 将来を期待させられる活躍をみせており 今後のマリノスにとっても 大きな力となりそうだ。

また岡田監督は NHKで放送予定のW杯日本代表初戦 オーストラリア戦でゲスト出演する予定。  自らも日本代表監督としてW杯を経験済みの岡田監督、一つも二つも踏み込んだコメントが期待出来そうだ。

一方 2002年 俊輔と共に代表落選の屈辱を味わった中澤選手 スコットランド戦での目の上の傷も癒え 初のW杯を目前に ボンでの合宿に燃えている。   2002年 俊輔落選の大報道の影で 同じ悔しさをかみしめていた中澤選手は 発表翌日 あのボンバーヘッドをバッサリ。
練習に訪れたチームメイトは 皆 中澤選手と気づかなかった。

あのときの悔しさをバネに 今や日本代表になくてはならない存在にまで成長した中澤選手  俊輔と共に 4年前の分まで 思いっきりW杯を肌で感じ、楽しんできてほしい。    




posted by Hiro at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。