2006年07月31日

待ちに待ったマリノス涙のゴール!

ドゥトラが ついに鍵のかかったゴールをこじ開けた。
怪我人続出でメンバーを揃えるのさえ難しかったW杯前のマリノス。
W杯中断期間を挟むことで これまでの負傷者 そして腰痛から手術に踏み切った山瀬の復帰も見込まれた上 北海道でのキャンプも行われ リーグ戦再開後の マリノスの巻き返しには 大きな期待がかかっていた。

しかし 蓋を開けてみれば 繰り返す終了間際の失点に 得点力不足・・・これじゃW杯前と 何も変わっていないじゃないか!   そんな声が囁かれ始めていた。
責任を感じた岡田監督も 時折 監督辞任をほのめかすような コメントまで飛び出す 緊急事態。   練習は勿論 完全な非公開で行われた。

そんな中 行われた ホーム新潟戦。 オシム監督も見つめる 日産スタジアム。   自らの首をかけた監督だけではない  こんなことで監督をやめさせるような事だけは 絶対に出来ない。 選手達は 強い思いを一つにした。

この日 2度の肉離れから ようやく復帰した坂田選手、 そして悩んだ末 思い切って手術にふみきり 見事8ヶ月ぶりの復帰をとげた 山瀬選手がスタメン出場した。  
チャンスを作っても作っても枠を捉えられない   決定力不足に 選手全員が悩んでいた。   今日もまた 惜しい・・・だけで無得点に終わってしまうのか・・・  時間だけが刻々と過ぎ 前半も終わりに近づいていた。
しかし・・・そんな嫌な静けさを破ったのは ドゥトラだった。 まさに 待ちに待ったゴール。  ゴールすることがこんなにも嬉しいものだったのか・・・
誰もが そう感じたはずだ。  ドゥトラだけではない この1点に 選手達は それぞれ 苦しかったこれまでの思いが一気に吹き飛んだ。
しかも これまで最後の失点で泣いてきたマリノスは この1点で いっそう身を引き締めた。   

そして訪れた山瀬の2点目。  腰痛で普通に歩くことすら大変だった山瀬が 手術から見事に復帰し 8ヶ月ぶりのスタメンで 早々ゴールまで決めてしまった。   ドゥトラのゴールに続き  この山瀬がゴール出来た事が 何とも感動的だ。   
同じく2度の怪我に見舞われた坂田も 今回は惜しくもゴールはならなかったが、献身的に走り回りプレッシャーをかけチームに貢献、 今後の活躍が期待出来そうだ。

たかがサッカー  されどサッカー、 多くの人々を感動の嵐に包み込むことが出来る このサッカーでプロとして活躍できる・・・この素晴らしさ 凄さを忘れずに、 そしてこの1点の重さを忘れずに 選手達には益々自分を磨いて ピッチで輝いて欲しい。  
posted by Hiro at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

J再開間近

W杯Jリーグ中断から早くも2ヶ月 北海道キロロでキャンプを行っていたマリノスは 最後 札幌と45×3本 で対戦し 0−3で勝利。 最終日には岩見沢教育大と対戦し 1−3で勝利した。  またこの大学で岡田監督は講義も行い W杯や 引退した中田の事等について話した。

最後に練習試合で2勝し 順調な仕上がりを見せたチームは 横浜へ戻り 早速また10日(月)から2部練習を行う予定だ。
心配されていた山瀬選手も 全体練習に復帰したようで J再開と共に 山瀬の復帰も期待されている。

怪我人続出で 苦しんだ前半戦だったが、ようやく怪我から続々復帰、再開後の選手達の粘りに期待したい。  再開初戦は19日(水)清水(A)と日本平で対戦する。

また中澤選手 久保選手がオールスターに選出され、「ファンの皆さん有難うございます。 ファンの期待を裏切らないよう、オールスターを盛り上げられるようぷれーしたい」「ファン投票で選ばれ嬉しく思います。ゴールできるよう頑張りたいです。応援よろしくお願いします」  等とコメントした。  オールスターは 7月15日(土)鹿島スタジアムで開催される。
posted by Hiro at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。