2006年08月24日

マリノスついに岡田監督辞任へ・・・

自分が日本を離れている間に マリノスが大変な事になっていた。
チームの成績不振を理由に ついに岡田監督が辞任を表明した。
今年開幕にむけ 選手達はかなりハードなトレーニングをこなし 開幕戦から連勝と好スタートを切ったマリノスだったが 長続きはせず 逆に一気に次々選手が故障で離脱していくという、 試合での選手の起用にも事欠く程の緊急事態となった。

しかし W杯の為 中断期間中に北海道キャンプを行う等 必死でチームの建て直しを計り ようやく故障者も復帰しリーグ再開を迎えたものの いざ始まってみると 試合では優勢に運びながらも 最後の失点・・・決定機を逃す・・・の繰り返し。   

だんだんと 岡田監督への声も厳しいものへと変わって行った。
それでも選手達を信じ 敗戦にも「全て自分の責任・・」と 言い切ってきた岡田監督だったが・・・。

既に W杯後 中々勝てない事を理由に 一度は自ら辞任を口にした監督だがその後の試合で勝利をおさめた為 その話はこれまで保留されていた。 
しかしついに 最下位のセレッソでの敗戦 大宮 と 勝ち点1すら得る事が出来なかった事で 一気に 決断に踏み切る事となってしまった。

これまでマリノスに 完全制覇年間優勝も ステージ優勝からの連覇ももたらしてくれた岡田監督。  数えきれない程 沢山の喜びを与えてくれた。
確かにあれだけ上位に君臨してきたあのマリノスが 今年は2桁台の成績順位にまで落ち込んでいるのは不甲斐ないが・・。

しかし これは監督の責任だけなのだろうか?  これだけ開幕から故障者を続出させた事など 原因は他にも沢山あるはずだ。
もう一度 もっと大きな観点からの立て直しが必要なのではないだろうか。

全ての責任を負うのが監督の役目なのかもしれないが それだけでは立て直しは計れないような気がする。  他人のせいにせず 選手・・スタッフ・・一人ひとりがもう一度振り返ってみて欲しい。  

後任の監督には水沼氏が決定しているようだ。  苦しい時期の監督スタートとなってしまったが もっと全体を見直し 何とかチームに勝利をもたらして欲しい。
岡田監督は明日 50歳の誕生日を迎える・・・

posted by Hiro at 08:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。