2007年04月28日

マリノス連続大爆発!

Jリーグ第8節 マリノスはアウェーで新潟と対戦した。

開幕から 選手間の意志の微妙なズレ等からか 本来の攻撃を全く見せられず 出し所を探しながらの遅い攻撃で パスカットされては相手にチャンスを与え・・・と これまでずっと苦しんできたマリノスだった。  その度に出る課題を少しずつ少しずつクリアしてきたマリノスは ようやく前節 大分相手に ホームで何と5−0と 大量得点で見事な勝利をおさめた。 
 
この試合で一気に自信を取り戻したマリノスは 今日の試合に勝つ事で 更に自分達の攻撃サッカーを完成させようと 開始から集中して臨んだ。

開始早々は決定機を決められず ホームアルビの勢いに押され気味だったマリノスだったが 次第に活性化。  山瀬幸の先制点を奪うとマリノスは素早いパス交換から再三相手ゴールを脅かしはじめた。
そして 相手のハンドからラッキーなPKで追加点を奪うと もう止まらない。
素早いプレッシャー こぼれ球への早い反応から 相手のボールを奪っては 一気に前線に見事なパスを繋いだ。

山瀬兄弟の調子もいい。 左サイド 右サイド と縦横無尽に面白いように 動き回りパスを繋ぎ チャンスを演出した。
選手全員が 労を惜しまず 走り回り 相手攻撃の芽を素早く摘み取っては 前線に送った。  坂田も交代がなければ今日こそハットとなっていたかもしれない。
それだけではない。 味方のミスに対するフォローも素早く ミスから相手にチャンスを与えなかった。

マリノスの先発には外人選手はいない。 どこのチームも今や必ず外人選手が先発に入り 身体をはった攻撃に頼っている部分があるが 今のマリノスは違う。 

選手達の表情は自信に満ちていた。 
後半も動きは落ちないどころか DF栗原がサイドを駆け上がりクロスを入れるなど 全員攻撃。 あれだけ得点できずに苦しんできたマリノスが 連続大量得点。  
何と 5得点に驚いていた前節を 更に上回る6得点をあげ 2試合で11得点という信じられない 快挙となった。
開幕からずっと産みの苦しみを味わってきたマリノスだったが ようやく ここへ来て攻撃マリノスの基盤が整ってきたようだ。

そして何よりも 選手達の表情が輝いているのが 一番嬉しい。
忘れかけていたサッカーの本当の楽しさを 今 やっと感じているのだろうか・・・
posted by Hiro at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

頑張れマリノス!

リーグ開始前から様々な問題があふれ心配されていたマリノスだったが リーグ開始後もJ2復帰のチームに敗れるなどの連敗に 早くも監督解任騒動まで噂されるようになっていたマリノス。

主力選手が戦力外や移籍で抜けてしまった後 選手達が必死で戦っているのは判るのだが どうも連携がおかしい。 選手同士の意識もバラバラ・・・そしていつのまにか 選手達のプレーから サッカーの楽しさまでが消えてしまっていたようだった。

しかしここ2試合 マリノスは驚くような変化を見せた。
これが 同じチームなのだろうかと思うほどの変化だった。
前線からプレッシャーをかけては 積極的な攻撃を見せるマリノス、自然と選手達の表情にも笑顔が戻った。
ようやく 本来のマリノスらしいサッカーが・・・ いや これぞ新しいマリノスの攻撃サッカーが見えてきた。 
そんな中迎えた 因縁の試合レイソル戦。 
レイソルからは早野監督へ そして マリノスからはユキヒコ 鈴木 に大きなブーイングが起こった。

鈴木の先制ゴールを許したものの 負けなし絶好調のレイソル相手に 試合は完璧にマリノス優勢の展開だった。
そして前半の終わり 山瀬のゴールでようやく同点に追いつき日産スタジアムに審判の笛が響いた。  スタジアム映像にもゴールの映像が映し出された。   得点1−1。  誰もが信じて疑わないゴールだった。   リスタートを待つサポーター。
しかし・・・
中々 試合が始まらない。  どうしたのだろう・・・
選手達が審判前に集まり 何か 必死で話し合っているようだった。
そんな中 中澤選手が あり得ない といった動作で戻った。
何が起こったのか?  客席からは 全く判断出来なかった。
そして 暫くしてようやく試合開始。
何だったのか???  そのまま試合が始まった。
暫くして ふとボードを見上げると 1−1から 0−1に変わっていることに気がついた。
はっ??   ここでようやく 先程のもめていた理由がわかった。    ゴールの取り消し??

しかし サポーターには 何の説明もないまま ただゴールだけが取り消されていた。
そのまま 帰路についた。 はっきりいって未だに はっきりした理由もわからないままだ。 

主審のゴールを認めた笛が鳴ったことは確かだ。  それがなぜ??  選手達にはきちんと説明がされたのか?
ここのところ SPLの試合でもよくあるが 審判の判定の 一貫性のなさには 驚くものがある。  審判のせいに出来ないのはわかっているが こんなことが 大きく試合を左右することに繋がるのだ。   懸命にプレーしている選手達が可哀想に思えた。

確かに後半 決定機を何度も外した事も敗因かもしれない。 しかし 選手が納得できる説明も出来ないようなジャッジだけは審判の名誉にかけてもしないで欲しい。
この日マリノスは 2−0で敗れたが サポーターからは ブーイングでなく大きな拍手が贈られた。  こんなことで折角上向いたチームを台無しになどするものか!  頑張れマリノス!
そんな気持ちでいっぱいだった。
    
posted by Hiro at 16:26| Comment(2) | TrackBack(0) | マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。