2006年01月19日

マリノス新体制

2006年 今期新体制発表

GK 1   榎本達
  21  榎本哲
  16  飯倉
  31  下川
  36  秋元

DF 2  中西
   3  松田
   4  那須
   5  ドゥトラ
  22  中澤
  26  田中裕
  28  天野
  30  栗原
  35  河合

MF 6  上野
   7  田中隼
   8  マグロン
  10  山瀬功
  14  奥
  23  田ノ上
  24  塩川
  25  後藤
  29  狩野
  32  山瀬幸
  
FW 9  久保
  15  大島
  11  坂田
  17  吉田
  18  清水
  19  グラウ
  20  ハーフナーマイク     以上

※Fマリノスは昨日18日からチーム始動開始した。 早速午前戸塚で岡田監督のミーティング後 約1時間のランニング等軽めの練習を開始。 また恒例の横浜総持寺にて 一同今期優勝祈願と御祓いを受け 新たなスタートをきった。
監督は早くも今年の目標 3冠達成を宣言、また集客力アップも目標にかかげ 監督をはじめ選手共々メディアへの登場回数も大幅に増やす計画もうち立てた。 
集客力アップを促し マリノスは近い将来 親会社日産からの経済的自立を目指す。
また2月1日より予定(〜10日)の宮崎合宿地(シーガイヤ)では 何と野球のソフトバンクと同じ宿舎であることが判明。
過去に王監督とメディアを通じ面識のある岡田監督は ここで パ・リーグ13年間連続観客動員数1位を誇る秘訣だけでなくトレーニング コンディション面等あらゆる情報を探るべく 王監督と対談も計画中の模様。

また田中隼もHP上で「僕達プロはサポーター ファンあってこそ成り立っている。 2004年最後のチャンピオンシップ第1戦のような雰囲気で試合が出来たら最高、その為にも感動してもらえて また来たいと思えるようなプレーをみせたい・・・」とコメント。

メンバーの大幅な交代がない分、連携面では有利、メディア出演も増え 今期のマリノスはやや賑やかな楽しいチームとなりそうだ。
既に中澤選手が早々メディア出演し「年収とは関係なく月5万の小遣い生活」を暴露する等 サッカー以外でもファンを楽しませてくれている。

※新体制発表後 熊林選手の大分移籍が発表されました。
 また元マリノス(2000年大分移籍)のFW吉田選手が完全移籍で戻ってきました!
GK飯倉選手がJFLロッソ熊本に期限付き移籍(1年)することとなりました。

  
posted by Hiro at 11:15| Comment(0) | TrackBack(1) | マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11913543

この記事へのトラックバック

熊林の移籍… By千春
Excerpt: 熊林親吾選手、ベガルタ仙台へ完全移籍 横浜F・マリノスの熊林親吾選手のベガルタ仙台への完全移籍が決まりました。 熊林 親吾(くまばやし しんご) ポジション:MF 出身/生年月日:秋田..
Weblog: Oh! Really? 〜Yesッ!of course2006〜
Tracked: 2006-01-19 19:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。