2006年10月23日

水沼マリノス鹿島にリベンジ!

松田が右膝痛で離脱中の中 21日 マリノスはホーム日産スタジアムにあのアントラーズを迎えた。   
中澤がキャプテンマークを腕に巻き DFには栗原 そしてガンバ戦に続き那須が入り 久保と坂田の2トップという布陣で 試合が始まった。

アントラーズ・・・といえば忘れもしない、 あのナビスコで 吉田の頭の負傷で倒れている間に それを知りつつ 審判の笛がないからと ボールを外に出さず 試合停止の笛を待つマリノス選手の心の隙を狙って ゴール。
監督も 試合後全く 気を使うどころか マリノス側を子供扱いするコメントを発し 多くのサポーター 関係者から怒りをかった記憶も新しい。

この日スタジアムに観戦に訪れたサポーターの殆どが 何としてもあの日のリベンジを!と燃えていた。
水沼監督はロッカーでその応援の声を聞きながら あの懸命に応援してくれているサポーターの為に 何としてもいい結果を出そう!と選手達に伝えピッチに上がった。

開始から マリノスは積極的な動きを見せる。 これまで得点力不足で最後に失点・・・という苦い思いを何度もしてきたマリノス。
しかし開始早々 左ドゥトラからのクロスに 坂田が相手DF2人の頭を一つ抜ける見事な高さでヘディングシュート!!  鋭いゴールを決め マリノスは貴重な貴重な先制点を奪った。

坂田といえば 今季何度も相次ぐ怪我に泣かされ そのたびに腐ることなくこれまで必死で頑張ってきた。
坂田が・・・しかもヘディングで見事な先制ゴールをあげた事が本当に嬉しかった。  

そして2点目。  カウンターの 低い位置からドゥトラが前線の久保めがけて一気にロングパスを送った。    見事エリア左で久保がピンポイントで受け  右を走る坂田がおとりになりながら マイナスのボールを 山瀬に送った。   山瀬はしっかり決め ガンバ戦での見事な回転トラップゴールに続く2戦連続ゴールを奪った。  

その後 ゴール前混戦の中 1点を返されるも マリノスは 最後まで守りきり 見事鹿島にリベンジを果たした。
坂田はマンオブザマッチ、台に乗りサポーターの歓声に恥ずかしそうに答える坂田、 コメントはいつも控えめだが 身体いっぱい嬉しさを滲ませていた。
これまで怪我で苦しんだ分 これからは 思いっきり爆発し 厄年を吹き飛ばして欲しい。 
 

posted by Hiro at 19:00| Comment(0) | TrackBack(1) | マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【素人投資家】が一年で資産を800%増やし続ける脅威の投資術!
Excerpt: 数ヶ月の間で1400万円という資産を吹き飛ばしたどん底の中から這い上がり、4年で100万円をを1億円に膨らませた著者が投資術を暴露!雑誌・新聞からの取材依頼が殺到しています
Weblog: 株式投資で1000倍儲ける会
Tracked: 2006-10-23 19:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。