2007年04月28日

マリノス連続大爆発!

Jリーグ第8節 マリノスはアウェーで新潟と対戦した。

開幕から 選手間の意志の微妙なズレ等からか 本来の攻撃を全く見せられず 出し所を探しながらの遅い攻撃で パスカットされては相手にチャンスを与え・・・と これまでずっと苦しんできたマリノスだった。  その度に出る課題を少しずつ少しずつクリアしてきたマリノスは ようやく前節 大分相手に ホームで何と5−0と 大量得点で見事な勝利をおさめた。 
 
この試合で一気に自信を取り戻したマリノスは 今日の試合に勝つ事で 更に自分達の攻撃サッカーを完成させようと 開始から集中して臨んだ。

開始早々は決定機を決められず ホームアルビの勢いに押され気味だったマリノスだったが 次第に活性化。  山瀬幸の先制点を奪うとマリノスは素早いパス交換から再三相手ゴールを脅かしはじめた。
そして 相手のハンドからラッキーなPKで追加点を奪うと もう止まらない。
素早いプレッシャー こぼれ球への早い反応から 相手のボールを奪っては 一気に前線に見事なパスを繋いだ。

山瀬兄弟の調子もいい。 左サイド 右サイド と縦横無尽に面白いように 動き回りパスを繋ぎ チャンスを演出した。
選手全員が 労を惜しまず 走り回り 相手攻撃の芽を素早く摘み取っては 前線に送った。  坂田も交代がなければ今日こそハットとなっていたかもしれない。
それだけではない。 味方のミスに対するフォローも素早く ミスから相手にチャンスを与えなかった。

マリノスの先発には外人選手はいない。 どこのチームも今や必ず外人選手が先発に入り 身体をはった攻撃に頼っている部分があるが 今のマリノスは違う。 

選手達の表情は自信に満ちていた。 
後半も動きは落ちないどころか DF栗原がサイドを駆け上がりクロスを入れるなど 全員攻撃。 あれだけ得点できずに苦しんできたマリノスが 連続大量得点。  
何と 5得点に驚いていた前節を 更に上回る6得点をあげ 2試合で11得点という信じられない 快挙となった。
開幕からずっと産みの苦しみを味わってきたマリノスだったが ようやく ここへ来て攻撃マリノスの基盤が整ってきたようだ。

そして何よりも 選手達の表情が輝いているのが 一番嬉しい。
忘れかけていたサッカーの本当の楽しさを 今 やっと感じているのだろうか・・・
posted by Hiro at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40285284

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。