2007年05月04日

マリノス3連勝!

Jリーグ第9節 マリノスはホーム 日産スタジアムに 天敵 川崎フロンターレを迎えた。
開幕からマリノスは 得点力不足に苦しみ チームは空回り。 必死でプレーしながらも 選手達は サッカーを楽しめない状況がずっと続いていた。  レベルの高い選手が揃っているはずのチームがなぜ・・・   

それが いったいどうしたのだろう。  新聞にすら「マリノスに何が起こったのか?」と1面に掲載される程 チームに変化が出た。

これまで2勝しか出来ず5節 6節と連敗を記していたマリノスが 7節の大分戦で一気に 見事な攻撃サッカーを見せた。
何と結果は 5−0。  早野監督掲げる 攻撃サッカーが 見事にはまった。   

たまたま・・・?  
しかし大勝したマリノスは 監督にも 選手にも浮き足立つ様子は見られなかった。
そして 迎えたアウェー新潟戦。  メンバーを変えずに臨んだこの試合で 何と大分戦を更に上回る 0−6の完全大勝。

どうしたのか・・・何が変わったのか?
それでも しっかり次の天敵 川崎Fを見据えたマリノスは ここの所の2連大勝を忘れ ハングリー精神でこの試合に臨んだ。

坂田を初め FWが前線から素早く厳しいプレッシャーをかけては相手のミスを誘い ボールを持てば 一気に攻め込む。
山瀬を中心に 中盤でのパスもよく回り 見方がミスをすれば 危険を察知していたかのような 素早いフォロー。

DFラインは驚くほど高く 川崎は 狭いピッチに押し込められていた。    パスを繋げずロングボールを蹴れば オフサイドの網。

これが 今までのマリノスかと思うほど 見事にチームは変わった。   自信に満ちた選手達の顔・・・・・チームが一つになっているのを感じた。
全員サッカー。  まさにそんな印象を受けた。 
  
これまでリーグで勝てなかった川崎に勝利した事で 更に 選手達は自分たちのサッカーに 自信と期待を見出している事だろう。   トップチームが相次ぎドローに終わったこともあり マリノスは一気に5位に浮上した。

連戦続きで 疲労もあるだろうが いつまでもハングリー精神を忘れることなく 1戦1戦 大切に積み上げていって欲しい。
強いマリノスが帰ってきた。  王座奪還も夢ではない・・・ 

こんな記事を発見!
  http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20070505-OHT1T00050.htm 
posted by Hiro at 12:35| Comment(0) | TrackBack(1) | マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

マリノス、対川崎F戦勝利<浜っ子化計画・サッカー編>
Excerpt: 横浜F・マリノス対川崎F戦行ってきました。 観客33,498人。 レッズ戦にはお
Weblog: 浜っ子化計画
Tracked: 2007-05-05 22:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。