2006年10月23日

水沼マリノス鹿島にリベンジ!

松田が右膝痛で離脱中の中 21日 マリノスはホーム日産スタジアムにあのアントラーズを迎えた。   
中澤がキャプテンマークを腕に巻き DFには栗原 そしてガンバ戦に続き那須が入り 久保と坂田の2トップという布陣で 試合が始まった。

アントラーズ・・・といえば忘れもしない、 あのナビスコで 吉田の頭の負傷で倒れている間に それを知りつつ 審判の笛がないからと ボールを外に出さず 試合停止の笛を待つマリノス選手の心の隙を狙って ゴール。
監督も 試合後全く 気を使うどころか マリノス側を子供扱いするコメントを発し 多くのサポーター 関係者から怒りをかった記憶も新しい。

この日スタジアムに観戦に訪れたサポーターの殆どが 何としてもあの日のリベンジを!と燃えていた。
水沼監督はロッカーでその応援の声を聞きながら あの懸命に応援してくれているサポーターの為に 何としてもいい結果を出そう!と選手達に伝えピッチに上がった。

開始から マリノスは積極的な動きを見せる。 これまで得点力不足で最後に失点・・・という苦い思いを何度もしてきたマリノス。
しかし開始早々 左ドゥトラからのクロスに 坂田が相手DF2人の頭を一つ抜ける見事な高さでヘディングシュート!!  鋭いゴールを決め マリノスは貴重な貴重な先制点を奪った。

坂田といえば 今季何度も相次ぐ怪我に泣かされ そのたびに腐ることなくこれまで必死で頑張ってきた。
坂田が・・・しかもヘディングで見事な先制ゴールをあげた事が本当に嬉しかった。  

そして2点目。  カウンターの 低い位置からドゥトラが前線の久保めがけて一気にロングパスを送った。    見事エリア左で久保がピンポイントで受け  右を走る坂田がおとりになりながら マイナスのボールを 山瀬に送った。   山瀬はしっかり決め ガンバ戦での見事な回転トラップゴールに続く2戦連続ゴールを奪った。  

その後 ゴール前混戦の中 1点を返されるも マリノスは 最後まで守りきり 見事鹿島にリベンジを果たした。
坂田はマンオブザマッチ、台に乗りサポーターの歓声に恥ずかしそうに答える坂田、 コメントはいつも控えめだが 身体いっぱい嬉しさを滲ませていた。
これまで怪我で苦しんだ分 これからは 思いっきり爆発し 厄年を吹き飛ばして欲しい。 
 

posted by Hiro at 19:00| Comment(0) | TrackBack(1) | マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

秋元選手が大怪我

サテライトゲームで負傷した秋元陽太選手の検査結果が出た。
MRI検査の結果 何と 左膝十字靭帯断裂で全治8ヶ月との診断が下された。
かなりこれにはショック・・・。
昨日発表されたばかりのアジアユースに向けたU19日本代表候補のメンバーからも辞退する事が決まった。
負傷してしまったことは仕方がない。  期間は長いが 気持ちを落とすことなく 常に前に向かって回復に努めてほしい。 
posted by Hiro at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

マリノスついに岡田監督辞任へ・・・

自分が日本を離れている間に マリノスが大変な事になっていた。
チームの成績不振を理由に ついに岡田監督が辞任を表明した。
今年開幕にむけ 選手達はかなりハードなトレーニングをこなし 開幕戦から連勝と好スタートを切ったマリノスだったが 長続きはせず 逆に一気に次々選手が故障で離脱していくという、 試合での選手の起用にも事欠く程の緊急事態となった。

しかし W杯の為 中断期間中に北海道キャンプを行う等 必死でチームの建て直しを計り ようやく故障者も復帰しリーグ再開を迎えたものの いざ始まってみると 試合では優勢に運びながらも 最後の失点・・・決定機を逃す・・・の繰り返し。   

だんだんと 岡田監督への声も厳しいものへと変わって行った。
それでも選手達を信じ 敗戦にも「全て自分の責任・・」と 言い切ってきた岡田監督だったが・・・。

既に W杯後 中々勝てない事を理由に 一度は自ら辞任を口にした監督だがその後の試合で勝利をおさめた為 その話はこれまで保留されていた。 
しかしついに 最下位のセレッソでの敗戦 大宮 と 勝ち点1すら得る事が出来なかった事で 一気に 決断に踏み切る事となってしまった。

これまでマリノスに 完全制覇年間優勝も ステージ優勝からの連覇ももたらしてくれた岡田監督。  数えきれない程 沢山の喜びを与えてくれた。
確かにあれだけ上位に君臨してきたあのマリノスが 今年は2桁台の成績順位にまで落ち込んでいるのは不甲斐ないが・・。

しかし これは監督の責任だけなのだろうか?  これだけ開幕から故障者を続出させた事など 原因は他にも沢山あるはずだ。
もう一度 もっと大きな観点からの立て直しが必要なのではないだろうか。

全ての責任を負うのが監督の役目なのかもしれないが それだけでは立て直しは計れないような気がする。  他人のせいにせず 選手・・スタッフ・・一人ひとりがもう一度振り返ってみて欲しい。  

後任の監督には水沼氏が決定しているようだ。  苦しい時期の監督スタートとなってしまったが もっと全体を見直し 何とかチームに勝利をもたらして欲しい。
岡田監督は明日 50歳の誕生日を迎える・・・

posted by Hiro at 08:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

待ちに待ったマリノス涙のゴール!

ドゥトラが ついに鍵のかかったゴールをこじ開けた。
怪我人続出でメンバーを揃えるのさえ難しかったW杯前のマリノス。
W杯中断期間を挟むことで これまでの負傷者 そして腰痛から手術に踏み切った山瀬の復帰も見込まれた上 北海道でのキャンプも行われ リーグ戦再開後の マリノスの巻き返しには 大きな期待がかかっていた。

しかし 蓋を開けてみれば 繰り返す終了間際の失点に 得点力不足・・・これじゃW杯前と 何も変わっていないじゃないか!   そんな声が囁かれ始めていた。
責任を感じた岡田監督も 時折 監督辞任をほのめかすような コメントまで飛び出す 緊急事態。   練習は勿論 完全な非公開で行われた。

そんな中 行われた ホーム新潟戦。 オシム監督も見つめる 日産スタジアム。   自らの首をかけた監督だけではない  こんなことで監督をやめさせるような事だけは 絶対に出来ない。 選手達は 強い思いを一つにした。

この日 2度の肉離れから ようやく復帰した坂田選手、 そして悩んだ末 思い切って手術にふみきり 見事8ヶ月ぶりの復帰をとげた 山瀬選手がスタメン出場した。  
チャンスを作っても作っても枠を捉えられない   決定力不足に 選手全員が悩んでいた。   今日もまた 惜しい・・・だけで無得点に終わってしまうのか・・・  時間だけが刻々と過ぎ 前半も終わりに近づいていた。
しかし・・・そんな嫌な静けさを破ったのは ドゥトラだった。 まさに 待ちに待ったゴール。  ゴールすることがこんなにも嬉しいものだったのか・・・
誰もが そう感じたはずだ。  ドゥトラだけではない この1点に 選手達は それぞれ 苦しかったこれまでの思いが一気に吹き飛んだ。
しかも これまで最後の失点で泣いてきたマリノスは この1点で いっそう身を引き締めた。   

そして訪れた山瀬の2点目。  腰痛で普通に歩くことすら大変だった山瀬が 手術から見事に復帰し 8ヶ月ぶりのスタメンで 早々ゴールまで決めてしまった。   ドゥトラのゴールに続き  この山瀬がゴール出来た事が 何とも感動的だ。   
同じく2度の怪我に見舞われた坂田も 今回は惜しくもゴールはならなかったが、献身的に走り回りプレッシャーをかけチームに貢献、 今後の活躍が期待出来そうだ。

たかがサッカー  されどサッカー、 多くの人々を感動の嵐に包み込むことが出来る このサッカーでプロとして活躍できる・・・この素晴らしさ 凄さを忘れずに、 そしてこの1点の重さを忘れずに 選手達には益々自分を磨いて ピッチで輝いて欲しい。  
posted by Hiro at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

J再開間近

W杯Jリーグ中断から早くも2ヶ月 北海道キロロでキャンプを行っていたマリノスは 最後 札幌と45×3本 で対戦し 0−3で勝利。 最終日には岩見沢教育大と対戦し 1−3で勝利した。  またこの大学で岡田監督は講義も行い W杯や 引退した中田の事等について話した。

最後に練習試合で2勝し 順調な仕上がりを見せたチームは 横浜へ戻り 早速また10日(月)から2部練習を行う予定だ。
心配されていた山瀬選手も 全体練習に復帰したようで J再開と共に 山瀬の復帰も期待されている。

怪我人続出で 苦しんだ前半戦だったが、ようやく怪我から続々復帰、再開後の選手達の粘りに期待したい。  再開初戦は19日(水)清水(A)と日本平で対戦する。

また中澤選手 久保選手がオールスターに選出され、「ファンの皆さん有難うございます。 ファンの期待を裏切らないよう、オールスターを盛り上げられるようぷれーしたい」「ファン投票で選ばれ嬉しく思います。ゴールできるよう頑張りたいです。応援よろしくお願いします」  等とコメントした。  オールスターは 7月15日(土)鹿島スタジアムで開催される。
posted by Hiro at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

マリノス新施設内覧会

17日 ついに横浜Fマリノスの新施設 みなとみらいに建設中の新しい練習場が公開された。 この日オフィシャルショップ トリコロールONEもオープンした。
shunsuke park 108.jpg
shunsuke park 096.jpg
スタジアムのような見学席

shunsuke park 102.jpg
スタンド下。かなりの高さがある。

shunsuke park 099.jpg
ピッチ  この隣には人工芝のグラウンドも建設中

shunsuke park 104.jpg
ショップ入り口

shunsuke park 095.jpg
オープンに訪れた左伴社長

shunsuke park 109.jpg
ショップ内
shunsuke park 111.jpg
今年末には戸塚練習場からこちらに移る予定。 
スタッフによると サポーター用の駐車場スペースは全くないとの事・・・悲・・またしても・・・。
平日位は何とかならないものか? ショップの売り上げも上がると思うのだが・・・?
また スタジアム並みの見学席の為 選手との距離は遠く 戸塚のように選手を身近に感じる感覚は半減か?(選手とのふれあいゾーンについては不明) 
posted by Hiro at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

マリノス新施設工事着々

みなとみらいに現在建設中のマリノスの新しい練習場。 先日一足早く グラウンドオープンに向けて 選手スタッフ総出で安全祈願等を行った。

俊輔のサッカースクールのある そごう屋上からも見下ろせる位置にあるこの新施設では 完全オープンに向け 現在急ピッチで工事がすすめられている。
6月17日(土)には早くもオフィシャルショップのトリコロールONEがオープン。
年間チケット、クラブ会員限定で この日 施設の内見会が行われる。

既に芝も張られ スタジアム並みのスタンドも完成。 現在の様子を紹介します。 
shunsuke park 012.jpg

shunsuke park 016.jpg
posted by Hiro at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

マリノス上を向いて〜中澤選手の活躍を祈る

ナビスコ浦和戦のショックから3日間 チームはOFFをとった。

25日の練習開始には久保選手をはじめ 大宮戦で左膝を痛め 再度離脱していたマルケス選手も部分合流 腿を傷めていたドゥトラ選手も順調に回復、 坂田 平野も合流・・・と明るい材料もみられた。
苦しい時だが 本当のマリノスはこんなもんじゃない。 1試合1試合 自信を持って戦ってほしい。

また27日には前より建設中だった みなとみらい21のトレーニングセンターの一部が完成し 左伴社長をはじめ 岡田監督 選手 関係者が集まりグラウンド開きの安全祈願 厄除けを行った。 6月にはショップ 年内に全ての施設が完成する予定。 選手達は早速 新グラウンドで練習を行い 芝の感触を確かめていた。 12月には本格的な練習がここで行われる模様。

先日 狩野選手が公式戦450分出場の条件を満たし プロC契約からプロAに変更になったことが明らかになった。  負傷者続出の中 若手が奮闘、鮮やかなFKを見せる等 将来を期待させられる活躍をみせており 今後のマリノスにとっても 大きな力となりそうだ。

また岡田監督は NHKで放送予定のW杯日本代表初戦 オーストラリア戦でゲスト出演する予定。  自らも日本代表監督としてW杯を経験済みの岡田監督、一つも二つも踏み込んだコメントが期待出来そうだ。

一方 2002年 俊輔と共に代表落選の屈辱を味わった中澤選手 スコットランド戦での目の上の傷も癒え 初のW杯を目前に ボンでの合宿に燃えている。   2002年 俊輔落選の大報道の影で 同じ悔しさをかみしめていた中澤選手は 発表翌日 あのボンバーヘッドをバッサリ。
練習に訪れたチームメイトは 皆 中澤選手と気づかなかった。

あのときの悔しさをバネに 今や日本代表になくてはならない存在にまで成長した中澤選手  俊輔と共に 4年前の分まで 思いっきりW杯を肌で感じ、楽しんできてほしい。    




posted by Hiro at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

執念のループ!キャプテン松田の決勝弾

ミスターマリノス、キャプテン松田直樹が自信を失いかけているチームを今 必死で立て直そうとしている。

開幕4連勝と好スタートを切ったマリノスだったが、ホームで浦和に敗れて以来勝ち星がなく、非公開練習で必死の建て直しを図った甲府戦までも 最後の最後で失点。

今期最後まで戦い抜く身体を作る為に行ったはずの 開幕前の厳しい厳しいフィジカルはいったいどうしたのか、 逆に 信じられない程多くの怪我人を出してしまっている事が 今のチーム状況を作り出した 大きな原因の一つとなっている。

それだけでなく更に 選手達は中々勝てない事で 最近では自分のプレーへの自信まで失いかけている状況だ。 

そんな中、いつもピッチの後方からチーム全体を見守り キャプテンとして常に選手達を引っ張ってきた松田だが 今また 何とか選手達を盛り上げようと必死だ。

ホーム日産で行われたガンバ大阪戦、点の取り合いとなり結局敗れはしたが、ガンバに先制されるも、松田の思い切った強烈ミドルシュートで逆点に持ち込み、また昨日行われたナビスコ アウェーFC東京戦では FC優勢の中 何とかしようと前線へ個人突破、DFをも交わしGKも動けない見事なループを決めた。  

落ち着いていた。 ドリブルで駆け上がった松田は GKの位置をしっかり把握し 狙ったゴールをしっかり捕らえた。
まるで何かが乗り移ったかのような 松田の前線個人突破。 

このチーム状況を 何とかしたいという強い気持ちが彼を動かしたのか、オーラに包まれたあの松田の上がりに 誰も彼を止めることは出来なかった。

榎本のナイスセーブもあり、最後の最後までゴールを守りきったマリノス、負傷者の代わりに入った若手も、しっかり いや それ以上の働きを見せ 嬉しい嬉しい勝利となった。 

W杯まであと少し、代表発表も間近だ。  ジーコ監督見守るピッチで キャプテンの意地を見せたこのループが 何とか監督の心に届く事を祈ってやまない。

 




posted by Hiro at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

ナビスコで若手奮闘マリノス勝利

開幕4連勝でトップに立ったのもつかの間、5節浦和戦敗戦から一転 FC東京ではロスタイムに追いつかれ 大宮戦では度肝を抜く相手のミドルシュートに泣かされる・・・という嫌な流れと雰囲気にどっぷり呑まれていたマリノス。

早くのこの流れを断ち切りたいマリノスは 緊急ミーティングも行い 一気に立て直し・・・といきたいところなのだが  マグロン(右ふくらはぎ肉離れ全治1週間) マルケス(左膝内側側副靭帯損傷で全治4週間) 清水(左膝軟骨損傷全治4週間)  奥(左もも裏痛)  久保右足首痛   そして山瀬のヘルニア手術(全治3ヶ月)・・・・・とあげるだけでも大変な程 現在マリノスは負傷者だらけ。

2月の合宿中に負傷した中西がようやく最近チーム練習に合流した事だけが 唯一の明るいニュースだった。  

更に負傷者に加え チーム内では胃腸炎などで体調不良を訴える選手も増えていた・・・・そんな中迎えた ナビスコカップ FC東京戦。

マリノスは初戦で勝利している為 勝利すれば勝ち点差6となり優位にたてる。  「こういう時こそ チームが一致団結して戦おう」の監督の声に 若手がしっかりプレーで答えた。

先ずJリーグ初出場の天野、ユース出身で163センチという身長の天野は 翌日20歳を迎える十代最後のこの日 初出場で初先発。 ユース時代にAFCには出場した事はあるが 前日から緊張して寝られなかったという天野はボランチコンビの河合の部屋で深夜の作戦会議。  FC東京相手に自前の豊富な運動量で勝利に大きく貢献した。

また同じく若手の狩野は Jリーグ初ではないものの(2005年4月大宮戦で9分のみ)ほぼ初。 吉田と交代した2分後に しっかり結果を残した。
ほぼ初出場でプロ初ゴールの快挙だ。

若手の思わぬ奮闘大活躍に ベテラン選手も奮起。 ベンチスタートとなった久保選手も 若手に負けじ  と後半終了間際、GK土肥とDF増嶋を忍者のようにひらりとジャンプでかわし ループで2試合連続ゴールをあげた。 
久保は代表戦を含めると何と11試合で7ゴールだ。

しかしこの試合で 2月の合宿での負傷から復帰し ようやく先発出場した坂田が また右ふともも裏(肉離れの疑い)を痛め交代・・・マルケスもいない中 またしてもFWに負傷者が出てしまった・・・。
23歳・・・といえば男の前厄か?  続く怪我にめげず早い回復に全力を注いで欲しい。 

ようやくマリノスはこのFC東京戦で 今までの嫌な流れを 若手の活躍で一気に払拭。   連戦のハードスケジュールだが15日のガンバ戦も是非この勢いで勝ち点3を積み上げたいところだ。
「おじさん軍団・・等と命名されるベテラン揃いのマリノスのもと、若手がしっかりと太い根を根付かせているようだ。  

 
 



posted by Hiro at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。